画像:Lovely Collection
画像の持ち出し禁止です。

Caoruの幹事、初めての体験談

winter.jpg私が、初めて幹事を体験したのは、会社の先輩の送別会でした。

先輩が会社を辞めるにあたり、彼女の仕事を引き継ぐと同時に、彼女の送別会の幹事も担当することになりました。

今まで、幹事をしたことはないものの、会社の送別会には、参加したことあるし、まぁなんとかなるだろう!とのんきに構えていました。


まず、なにも考えずに彼女の最終出社日を送別会の日にちに決めてしまいました。
彼女は承諾してくれましたが、実は、、、、、3連休前の金曜日だったのです。。。。。

連休に遊びに行く人たちは、さぞかし、大変だったことだと思います。。。。


実際、参加した後輩にも「明日朝早いので、早めにお開きしてくださると助かります。」と言われてしまいました。。。。。。


とは言いつつも、なんとか、日にちを決めて、お店を決めよう!ということになりましたが、、、

実は、この送別会の参加者は、2つの営業所(赤坂と府中)から来ているため、二つの営業所、両方からアクセスし易い場所でお店を探すことになったのです。


まぁ、、、新宿あたりでいいかなぁとお店を探しました。

お店探しは、仲良しの先輩に助けてもらいました。


お店を選ぶには、アクセスのよさ、そして場所の分かり易さ、予算などひとつずつ考えていったのです。

お店を選んで、予約するのはそれほど手間ではなかったけれど、、、、

参加者の人数がコロコロ変わるのには、参りました


winter2.jpg
最初に参加すると言って、数日後「やっぱり、欠席する」と言うひと。
色んな事情で出れるかどうか分からない人。
当日になって具合が悪いのでお休みしますという人。

勿論、人それぞれ事情があるのは分かるのですが、こう何人も続くとパニックになります。。。。
幹事になって初めて、こういうことが大変なんだなぁとつくづく思いました。

余談ですが、それで、私は、もし私が飲み会に参加する時はドタキャンするのは、よそう。と心に誓いました。


何度参加者リスト変更しましたことか。

と同時に、周りも心配だったらしく、送別会の時上司にも
「送別会の準備大丈夫だった?大変そうだったけれど」
と聞かれて人数管理にてこずってると答えたら、
「飲み会は、ドタキャンがつきものだからね。
予約する時は、少なめの人数で予約するのが常識だよ。」
と諭されてしまいました。

この言葉は、本当に、幹事をするたびに納得する一言です。

でも、、、、できれば、幹事の準備の段階で教えてくれればよかったのに。。。。


何とか無事に飲み会が終った時、なんともいえない安堵感を感じました。

そして、参加してくれた人に「お疲れ様。頑張ったね。」と言われた時、なんだか幹事冥利につきたような気がしました。
こう言われると、次はもうちょっと、手際よい幹事になろうと、頭を使うようになります。


私は、まだまだ、だけど、やっぱり人に喜ばれたり、「お疲れさま。頑張ったね。」って労われると、今までの苦労も報われるような気がします。


幹事って損な役回りであまり、したくないって思う人も居るかもしれません。
でも、運悪く(?)幹事が回ってきた時は、どうせ幹事やるなら、自分もラクに、みんなも楽しく♪をベースに幹事をやれるように、と思いこのサイトを作りました。

もし、このサイトが初めて幹事をする人の手助けになったら幸いです。


画像:Lovely Collection

画像の持ち出し禁止です。